挙式場・二次会・パーティースペース 九州・沖縄地方(福岡,佐賀,長崎,宮崎,熊本,大分,鹿児島,沖縄)

categori-kyusyu

1 2 3 4 .. 278

沖縄

沖縄
1,056 円
日本の中で沖縄はどのように位置づけられてきたのだろうか。原始から近代そして戦後までの歴史を振り返りつつ、日本人のなかの沖縄についての意識を検証し、その差別の構造と理解の欠如の根深さを浮き彫りにする。さらに言語、民俗、信仰、産業などを詳しく紹介して多様な角..

沖縄・基地白書 米軍と隣り合う日々 / 沖縄タイムス社「沖縄

沖縄・基地白書 米軍と隣り合う日々 / 沖縄タイムス社「沖縄
1,870 円
沖縄タイムス社「沖縄高文研2020年08月

沖縄苗字のヒミツ

沖縄苗字のヒミツ
1,100 円
キンジョウ、カネシロ、カナグシク、沖縄の苗字が独特な読み方をするのはどうしてだろう。「改姓改名運動」で変更された歴史を持つ沖縄の苗字は、沖縄戦など歴史の渦の中で翻弄されて、数奇な運命をたどってきた。日本と沖縄の狭間で揺れ動く沖縄人の苗字への複雑な思いを探..

沖縄で新聞記者になる 本土出身記者たちが語る沖縄とジャーナリズム

沖縄で新聞記者になる 本土出身記者たちが語る沖縄とジャーナリズム
1,320 円
かつて沖縄のジャーナリズムは「沖縄人の沖縄人による沖縄人のための言論」であった。しかし今日沖縄の新聞社には少数ながら本土出身者が記者として働いている。どういう経緯で沖縄で記者になったのか。「ヤマト」という属性とどう折り合いをつけているのか。記者たちへのイ..

沖縄いろいろ事典

沖縄いろいろ事典
1,760 円
ヤマトとは違う、固有の文化と風土を持つ沖縄。歴史から食べ物まで、沖縄を知りたい人たちのために、沖縄に惚れた50人が書いた、手軽で奥の深い沖縄入門書。

沖縄戦を考える

沖縄戦を考える
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第3弾。 2012年5月15日は沖縄県本土復帰40年の節目の年である。 沖縄をめぐるテーマにこだわり、多彩な執筆者を得て沖縄本としては最も大きな森を形成してきたおきなわ文庫シリーズ。 本書の著者はNPO法人沖縄県芸術文化振興協会理..

沖縄イニシアティブ─沖縄発・知的戦略─

沖縄イニシアティブ─沖縄発・知的戦略─
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第8弾。 「『沖縄問題』『基地問題』をめぐる論調の閉塞感を憂え、三人の琉球大学教授が「沖縄のタブーを敢て破って提示する問題提起。沖縄を愛し、沖縄にこだわりつつも「開かれた議論」の場を提供しようとする強い決意がみなぎる。本シリ..

沖縄への短い帰還

沖縄への短い帰還
1,998 円
旅する人生のなかに「沖縄」という季節があった。池澤夏樹、沖縄の日々。 沖縄で暮らした十年と、そこで得た様々な思い。1994年から2004年まで沖縄で暮らした作家・池澤夏樹が記した、沖縄をめぐるエッセイ、書評、インタビュー、講演、掌編小説を、厳選して収録。..

沖縄の心を求めて

沖縄の心を求めて
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第3弾。 2012年5月15日は沖縄県本土復帰40年の節目の年である。 沖縄をめぐるテーマにこだわり、多彩な執筆者を得て沖縄本としては最も大きな森を形成してきたおきなわ文庫シリーズ。 本書の著者は元那覇地裁所長、現在は美ら島沖..

沖縄の神社

沖縄の神社
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第4弾。 著者は琉球銀行勤めを経て神社へ奉仕する神職となった加治順人氏。現在は沖縄国際大学非常勤講師として『沖縄の宗教』も担当している。 沖縄にも神社、お宮と呼ばれる場所が存在しお正月などには多くの人々が参拝に訪れている。しか..

1 2 3 4 .. 278

CS Shop

1 2 3 4 .. 278

沖縄

沖縄
1,056 円
日本の中で沖縄はどのように位置づけられてきたのだろうか。原始から近代そして戦後までの歴史を振り返りつつ、日本人のなかの沖縄についての意識を検証し、その差別の構造と理解の欠如の根深さを浮き彫りにする。さらに言語、民俗、信仰、産業などを詳しく紹介して多様な角..

沖縄・基地白書 米軍と隣り合う日々 / 沖縄タイムス社「沖縄

沖縄・基地白書 米軍と隣り合う日々 / 沖縄タイムス社「沖縄
1,870 円
沖縄タイムス社「沖縄高文研2020年08月

沖縄苗字のヒミツ

沖縄苗字のヒミツ
1,100 円
キンジョウ、カネシロ、カナグシク、沖縄の苗字が独特な読み方をするのはどうしてだろう。「改姓改名運動」で変更された歴史を持つ沖縄の苗字は、沖縄戦など歴史の渦の中で翻弄されて、数奇な運命をたどってきた。日本と沖縄の狭間で揺れ動く沖縄人の苗字への複雑な思いを探..

沖縄で新聞記者になる 本土出身記者たちが語る沖縄とジャーナリズム

沖縄で新聞記者になる 本土出身記者たちが語る沖縄とジャーナリズム
1,320 円
かつて沖縄のジャーナリズムは「沖縄人の沖縄人による沖縄人のための言論」であった。しかし今日沖縄の新聞社には少数ながら本土出身者が記者として働いている。どういう経緯で沖縄で記者になったのか。「ヤマト」という属性とどう折り合いをつけているのか。記者たちへのイ..

沖縄いろいろ事典

沖縄いろいろ事典
1,760 円
ヤマトとは違う、固有の文化と風土を持つ沖縄。歴史から食べ物まで、沖縄を知りたい人たちのために、沖縄に惚れた50人が書いた、手軽で奥の深い沖縄入門書。

沖縄戦を考える

沖縄戦を考える
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第3弾。 2012年5月15日は沖縄県本土復帰40年の節目の年である。 沖縄をめぐるテーマにこだわり、多彩な執筆者を得て沖縄本としては最も大きな森を形成してきたおきなわ文庫シリーズ。 本書の著者はNPO法人沖縄県芸術文化振興協会理..

沖縄イニシアティブ─沖縄発・知的戦略─

沖縄イニシアティブ─沖縄発・知的戦略─
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第8弾。 「『沖縄問題』『基地問題』をめぐる論調の閉塞感を憂え、三人の琉球大学教授が「沖縄のタブーを敢て破って提示する問題提起。沖縄を愛し、沖縄にこだわりつつも「開かれた議論」の場を提供しようとする強い決意がみなぎる。本シリ..

沖縄への短い帰還

沖縄への短い帰還
1,998 円
旅する人生のなかに「沖縄」という季節があった。池澤夏樹、沖縄の日々。 沖縄で暮らした十年と、そこで得た様々な思い。1994年から2004年まで沖縄で暮らした作家・池澤夏樹が記した、沖縄をめぐるエッセイ、書評、インタビュー、講演、掌編小説を、厳選して収録。..

沖縄の心を求めて

沖縄の心を求めて
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第3弾。 2012年5月15日は沖縄県本土復帰40年の節目の年である。 沖縄をめぐるテーマにこだわり、多彩な執筆者を得て沖縄本としては最も大きな森を形成してきたおきなわ文庫シリーズ。 本書の著者は元那覇地裁所長、現在は美ら島沖..

沖縄の神社

沖縄の神社
925 円
沖縄県発・おきなわ文庫シリーズ第4弾。 著者は琉球銀行勤めを経て神社へ奉仕する神職となった加治順人氏。現在は沖縄国際大学非常勤講師として『沖縄の宗教』も担当している。 沖縄にも神社、お宮と呼ばれる場所が存在しお正月などには多くの人々が参拝に訪れている。しか..

1 2 3 4 .. 278

CS Shop